どうぶつの森ポケットキャンプの通信量制限対策

アプリ版どうぶつの森の通信量

どうぶつの森で早速、通信制限にかかる人続出中!!

 

どうぶつの森

 

初日からサーバー落ちが起こるなど、大人気のどうぶつの森ですが、そのシステムはスマホの通信を常に使用しているものとなります。

 

マップ移動の度に読み込みが必要となり、通信面では非常に効率の悪いアプリと言えます。

 

どうぶつの森

 

ロード中はミニゲームで上手くごまかしていますが、このゲームが起動している間はずっとデータをダウンロードしています。

 

一般のスマホユーザーの1日の通信量の平均が約100MBと言われております。

 

どうぶつの森を5時間遊んだ場合のデータ通信量はなんと、1GB。

 

どうぶつの森を一日2時間プレイした場合…

 

通信制限の上限が5GBであれば、10日間
7GBであれば、12日間

 

で通信制限がかかる計算になります。

 

これははっきり言って、かなり莫大な通信量となります。

 

どうぶつの森、さすがにダウンロード多すぎです…。
何とかならなかったんでしょうか?

どうぶつの森で通信制限にかかった方の声


 


 


 


 


 


 


 


どうぶつの森の通信量の対策は?

どうぶつの森で遊ぶならポケットWI‐FIがオススメ!

 

貴金属

 

どうぶつの森のアプリ内で色々な方法を検証しましたが、やはりアプリの性質上、通信量を減らすということは出来ませんでした。

 

どうぶつの森にピッタリなWI‐FIの条件として・・・

 

・価格が安い
・どうぶつの森をたくさんプレイしても絶対に通信制限にかからない
・回線速度が速い

 

以上の条件が挙げられます。

 

その点を踏まえて、どうぶつの森にピッタリなポケットWI‐FIをご紹介します。

おすすめのポケットWi−Fi

大手のWI‐FI会社である、WiMAX(ワイマックス)とワイモバイル(旧イーモバイル)を比較します。

 

まずは、価格。
最安値を比較します。

 

ワイマックス

ワイモバイル

2,590円

2,611円

 

最安値に関してはどちらもそこまで変わりませんでした。
WiMAXの方が若干安い、といったところでした。

 

続いて、どうぶつの森をプレイする上で一番肝心である通信制限。

 

残念ながらWI‐FIにも通信制限というものはどうしてもあります。
どちらの方がどうぶつの森に向いているのでしょうか?

 

ワイマックス

ワイモバイル

3日間で3GB(3Gモードであれば制限無し)

3日間で1GB

 

断然、WiMAXですね。
ワイモバイルの3日間で1GBというのは、相当厳しいです。

 

WiMAXの3日間で3GBであれば、どうぶつの森を一日中プレイしても余る計算になります。
どうぶつの森以外にもyoutubeなどで動画をいくら再生しても通信制限にかかる事がなくなります。

 

その他のWiMAXのメリットとしては、

 

・通信可能時間が9時間を超えている
・対応エリアが広い(エリア普及率99%)
・回線速度が早い(LTE・4G)

 

上記の3点が挙げられるでしょう。

 

以上の事から、どうぶつの森にピッタリなポケットWI‐FIはWiMAXで決まりですね!

 

どうぶつの森